防災加工ののぼり旗のメリット

人気のツール繊維製品の多くは燃えやすく、あっという間に火が広がってしまいます。
のぼり旗も例外ではありません。

そのため、ガソリンスタンドや不特定多数の人が利用する屋内施設など
火災の危険性がある場所では防炎物品の使用が義務付けられています。

安全確保のため、該当する場所で使用する場合は防炎のぼりを
使用しましょう。

防災加工方法には様々あり、既に出来上がっているのぼり旗を
特殊な液体につけて加工するほか、布地自体に防炎機能を施したものや、
防炎インクなどがあります。

防災加工された布地は着火しにくく、たとえ火が着いたとしても
生地が溶けたり焦げるだけで燃え広がらず、そのまま自己消火します。

こうした商品には火災や延焼の被害を最小限にとどめることが
できるという優れた性質を持っています。予算を立てる

消防法によって定められた基準を満たした商品には
消防庁認定の防炎加工認定シールが貼られているので
簡単に見分けることができます。

オーダー時にショップで防炎のぼりや
オプション加工を扱っているか
確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)