防災加工ののぼり旗のメリット

人気のツール繊維製品の多くは燃えやすく、あっという間に火が広がってしまいます。
のぼり旗も例外ではありません。

そのため、ガソリンスタンドや不特定多数の人が利用する屋内施設など
火災の危険性がある場所では防炎物品の使用が義務付けられています。

安全確保のため、該当する場所で使用する場合は防炎のぼりを
使用しましょう。

防災加工方法には様々あり、既に出来上がっているのぼり旗を
特殊な液体につけて加工するほか、布地自体に防炎機能を施したものや、
防炎インクなどがあります。

防災加工された布地は着火しにくく、たとえ火が着いたとしても
生地が溶けたり焦げるだけで燃え広がらず、そのまま自己消火します。

こうした商品には火災や延焼の被害を最小限にとどめることが
できるという優れた性質を持っています。予算を立てる

消防法によって定められた基準を満たした商品には
消防庁認定の防炎加工認定シールが貼られているので
簡単に見分けることができます。

オーダー時にショップで防炎のぼりや
オプション加工を扱っているか
確認しておきましょう。

のぼり旗を作れる定型サイズの種類

のぼり旗を注文する時に、どういったデザインで注文をするかということは
もちろん重要なことですが、どのぐらいのサイズのものを注文するかということも
重要なポイントです。品が良い

なお、のぼり旗のサイズにも色々と種類がありますが、サイズには
定型サイズというものがあるものです。

表現の自由度まず通常のサイズが、幅600mmで高さ1800mmのタイプです。
そして、これよりも小さなサイズですと、幅が450mmのものや、
高さが1500mmのものもありますし、幅100mmの高さ300mmや
幅70mmの高さ210mmといったミニサイズのものもありますから、
省スペースであっても圧迫感がないというメリットがあります。

逆に大きなサイズというのもあり、幅900mmの高さ2700mmという
大きさのものや、さらに大きく、幅1200mmの高さ3600mmという
かなり大きな迫力のあるサイズののぼり旗もあります。

定型サイズだけでもいくつもありますから、
よく考えて注文すると良いでしょう。